ムクドリ退治対策まとめ

TOPムクドリの特徴自分で対策>専門業者へ相談

■専門業者へ相談・依頼

ムクドリ被害とダニ被害。
素人が両方退治するのはもう限界だと思い、専門の業者さんへ相談することにしました。
インターネットで検索してみると、意外と専門業者さんがあるのを知りました。
その中から、調査と見積もりが無料の業者さんへ電話でお話をして、正確な見積りを出して貰うことに。

後日、見積りを依頼した専門業者さんが我が家に到着し、すぐさま和室へ案内。
業者さんは軽々と天井裏へ入り被害状況を詳しく調べてくれました。
室内だけでなく家の外もくまなく見てくださり、ムクドリが入り込んだ穴も私が最初に見付けた屋根の軒下以外にもあったみたいで、すぐに見付けてくれました。

写真も撮ってくれたので、あとで見ながら丁寧に説明してもらったのですが、こんな小さな穴から入っていたのかと驚き!小さな穴から入ってきたムクドリも凄いですが、それを難なく見付けた業者さんはさすがプロだなと主人と2人で感心してしまいました。
あと、巣の近くも写真を撮ってきてくれたのですが、周りに大量のフンが溜まって、そこでダニが大量発生しそれはもう悲惨なことに…。
以前天井裏をあけたときにすごいダニの量を見ましたが、発生元の近くはそれを上回るひどさ。この下で生活していたのだと思ったら血の気が引きました。

そしてそのまま退治の流れを詳しく説明して貰い、見積もりをその場で出してくれました。
内容はムクドリの追い出しに巣の撤去はもちろん、ダニの駆除・消毒も一緒にお願いし、お話をして大丈夫そうでしたので、そのままその業者さんへ依頼することにしました。

退治当日、再度どのような流れで行うのか説明していただき、専用の作業着に着替えられて作業スタートです。
私達は作業中、席を外していたのですが、ムクドリを追い出して巣を撤去し、再度入り込まないよう出入り口にされていた穴も全て綺麗に塞いでもらいました。
そしてフンやダニ、雑菌の駆除と消毒もしてもらいました。

あとで作業後の天井裏を写真で見せてもらったのですが、あんなに大きかった巣が跡形もなく、山のようにあったフンの板も綺麗にしてくれました!

それからはダニに刺されることも、ムクドリの鳴き声で起こされることなく毎日安心して寝られています。
まさかこんなにピタリと被害が止まるとは思っていなかったので、もっと早くに相談しておけば良かったですし、個人で退治するにも限度があるのだと改めて学びました。

以上が私のムクドリ被害にあってから退治に至るまででした。
参考までに私が頼んだ専門業者さんも紹介しておきます。
こちら→害獣・害虫駆除の専門家 AAAホームサービス

同じようにムクドリで困っている人の参考に少しでもなれたら嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

» TOP